商工会議所を利用した事業者の成功法

地域の商工業者の世論の代表として、公的な性質を持っている。現在の商工会議所法は、昭和28年に制定されたもので、この法律によって運営されている。

商工会は全国組織

全国組織である日本商工会議所を中心に、527の主要都市に設置されており、それぞれの連携のもと、地域商工業の総合的な発展を目指している。

様々な活動内容の一つに、経営相談サービスがある。中小企業の方に国や市などの低金利の融資のあっせんも行っている。

例えば、マル経融資制度という小規模事業者経営改善資金では、2000万円まで無担保無保証人で融資が可能となっている。

プロの指導員が経営相談

経営相談の上、事業を改善するための資金を、商工会議所が日本政策金融公庫に推薦することによって、低利での融資が受けられるようになっている。また、記帳指導も行っており、会員事業所にて記帳指導員がサポートをしている。

役員・社員などの人材育成

その他の活動に、各種検定試験の実施がある。ビジネス実務での、知識やスキルを持つ人材育成を目的としているものである。

全国統一の基準で行っている公的試験となり、試験内容や合格基準も決まっている。有名なものには、簿記や販売士の試験がある。